2010年03月26日

小さくても大きいんです 東武ワールドスクエアにスカイツリー登場(産経新聞)

 25分の1に縮小した世界の建築物を展示するテーマパーク「東武ワールドスクエア」(栃木県日光市)に、東京都墨田区に建設中の実物に先駆け、東京スカイツリーがお目見えした。本物が634メートルのため、ミニといっても高さは約25メートル。後方の東京タワーと比べると、そのスケールが実感できる。

【関連記事】
東京スカイツリー 2000台のLED照明でライトアップ
東京スカイツリー、300メートルを突破
東京スカイツリー支える技術 地下50メートルまで特殊構造の杭
スカイツリーの“成長”記録  東京の街の変化も分かる
東京スカイツリー、富士山と背比べ

JR東トラブル 情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
江戸後期の土人形ざくざく、「工場」跡か(読売新聞)
市橋被告への支援金100万円突破 「適正な裁判受けさせるため」恩師が募集(J-CASTニュース)
神奈川県、1500人処分へ…不正経理問題(読売新聞)
政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)
posted by トウゴウ ハジメ at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

倫理委承認と偽り論文、東大教授に停職1か月(読売新聞)

 東京大学医科学研究所の東條有伸教授(54)が倫理審査委員会の承認を得たなどと偽って論文を発表した問題で、同大は15日、東條教授を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。

 処分は12日付。

 同大広報グループによると、東條教授は2008年5月にイタリアの医学誌に発表した論文で、白血病の患者から採取した骨髄や血液の使用について、同研究所の倫理委へ申請をしていないにもかかわらず、倫理委の承認を得たと記載していた。一部には、患者の同意を得ていない骨髄なども使われていた。

 また同大は15日、女子学生にセクハラ行為を行ったとして、同大研究所の30歳代の男性准教授を、諭旨解雇の懲戒処分にしたと発表した。処分は10日付。准教授は、自分の講義を受けていた大学院の女子学生の体を触るなどしたほか、別の女子学生に卑わいな内容が書かれたメールを十数件、送っていたという。

 同大の田中明彦副学長(コンプライアンス担当)は「本学教員として、それぞれの行為は決して許されるものではなく、厳正な処分を行った」とのコメントを出した。

国民新党、事前面接に反対=派遣法、社民と共同歩調(時事通信)
<岡田外相>日米密約の有無、政府見解出さず(毎日新聞)
インフルエンザ予防にビタミンDが効果的 魚やキノコ (産経新聞)
税理士が3500万円脱税 東京国税局が告発(産経新聞)
<恐喝未遂>「ステレオポニー」の掲示板で現金要求 男逮捕(毎日新聞)
posted by トウゴウ ハジメ at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。