2010年04月20日

<明石歩道橋事故>元副署長、全面可視化を拒否(毎日新聞)

 11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故(01年7月)で、県警明石署の榊和晄(さかきかづあき)元副署長(63)=退職=が強制起訴されることを受け、検察官役を務める指定弁護士は15日、榊元副署長を任意で取り調べた。指定弁護士は、すべての過程を録音・録画する意向だったが、榊元副署長が拒否し、全国初の全面可視化の取り組みは実現しなかった。

 この日、榊元副署長は指定弁護士の要請に応じて午後1時前、神戸地検に出頭。指定弁護士が取り調べの録音・録画の可否を榊元副署長に尋ねたが、「遠慮してほしい」と応じなかったという。

 榊元副署長については今年1月、神戸第2検察審査会が起訴議決。改正検察審査会法(09年5月施行)に基づく全国初の強制起訴が決まった。起訴議決では、榊元副署長は明石署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を理解せず、是正しなかった。当日も歩道橋の状況を把握しなかったため、事故が起きたと指摘した。【重石岳史、村上正】

【関連ニュース】
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
明石歩道橋事故:遺族「補充捜査を」 要望書を提出
JR福知山線脱線:元3社長、業過致死傷罪で強制起訴へ−−検察審議決
兵庫・明石の歩道橋事故:明石元副署長を聴取 指定弁護士「全面可視化で」

<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
<GW>連続平均5.4日 今年は少し短め(毎日新聞)
田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
雪の壁にびっくり、立山黒部アルペンルート開通(読売新聞)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)
posted by トウゴウ ハジメ at 20:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。